おすすめの看護師求人を探すコツ

おすすめの看護師求人情報は、見かけだけの条件が良いところではないので注意しましょう。気をつけなければならない求人情報は、まず常に求人が出ている職場は注意します。求人情報が常に出ている病院は、退職率が高く看護師が長く働きたいと思わない環境だからです。その理由は人間関係なのか給料や労働条件なのかはわかりませんが、確実に何らかの原因があります。その原因が自分の許容範囲であれば良いので、それをきちんと確認しましょう。次に注意したい求人情報は同じ様な規模の他の病院と比べて雇用条件が格段に良いところです。何故そこまで条件を上げてまで看護師が必要なのか情報収集をしましょう。看護師不足で本当に困っている事はたしかですが、看護師が定着しない原因が必ずあります。その原因を探りましょう。

管年求人の希望条件を確認しよう

看護師の求人情報を確認する前に、まずやっておかなければならないことは自分の職場に対する希望条件を明確にしておくことです。絶対に譲れない条件と妥協できる範囲の条件を洗い出して明確にしておきます。そうすることで、紹介された時や求人情報を探す特にも悩むことが少なくなります。現在看護師不足ですので看護師の求人情報は多くあります。その中から自分の希望条件にあった求人を探し出す必要があります。押さえておきたいのは、待遇や福利厚生、休日です。給料だけで決定してしまうと休日が少なかったりして自分の趣味の時間やリフレッシュ時間を作り出すことが出来ずに生活とのバランスを崩す恐れがあります。そして、福利厚生がしっかりした病院は労働意欲向上につながり離職率の低下になります。一般的に大きい病院の方が福利厚生はしっかりしていますが確認は必要です。

看護師の求人希望に休日は大切な項目

そして休日は妥協しない方が良いでしょう。看護師の求人には多くみられるのが4週6休日です。これは、言うまでもなく1週間に2回休むことができるのは1カ月に2回のみということになります。仕事だからそれくらいは当たり前、週に1回休みがあれば大丈夫だと考えている人もいるかもしれませんが、看護師という仕事はメンタル面の疲労もかなりのものです。週に1回の休日では仕事の事ばかり考えている状態が続き精神的にまいってしまいます。それでも週に2回休める日があるのだからと思っていると、研修会であったり勉強会、仕事の確認電話があったりと本当に休みになる事が少ないです。ですから、確実な週休2日希望すると良いでしょう。そして勤務時間が法律で定められた時間を守られている事を確認します。4週6休日の場合週6日勤務時、1日8時間働いていると違法になります。その点もよく確認しましょう。